ワキの黒ずみ

乳首や乳輪の黒ずみの悩み|女性のカラダのコンプレックス

【乳首や乳輪の黒ずみの悩み体験談】
  【35歳主婦】「ママのおっぱい、ミートボールみたい」と言われてショック
  【29歳OL】徐々に乳首の黒ずみが気になり始めた

「ママのおっぱい、ミートボールみたい」と言われてショック

35歳で既婚者の女性です。

若い頃はきれいなピンク色をしていたはずなのですが結婚をして子どもを産んだあとに授乳をしていたこともあり、どんどんと乳首が黒ずんでしまいました。

もともと乳首自体も大きかったのですが、ピンク色だったのでそれ程気になってはいませんでした。

産後時間が経てば黒ずみはキレイになると聞いていたのですが、いっこうにキレイな色になることはありませんでした。

夫に言われることはないのですが自分でも黒ずんだ色のことは気にしています。子どもが大きくなりお風呂に入ると、ある時に「ママのおっぱい、ミートボールみたい」と言われてショックを受けました。

私自身気にしているのに、子どもが無邪気に言うことでさらにショックを受けてしまいました。

言われてから気付いたのですが、確かに色も大きさもミートボールくらいでそっくりだと感じてしまいました。

それから子どもに見られるのが嫌になってしまい、お風呂に入る時にも極力隠すようにしています。

温泉などに行くと子どもにその乳首のことを人前で指摘されるのがいやで、いつも夫に子どもを預けて女湯に入るようにしています。

そういう場所に行くとつい他の女性の乳首を見て、自分のほうが黒ずんでいると落ち込んでしまいます。

体型はダイエットで戻せても、肌の黒ずみはそう簡単にはキレイになりませんので、裸にならなくてはいけない時はやっぱり恥ずかしいと感じています。

出産からもう3年くらい経っていますが、ほっておいてもキレイになるわけじゃないことはよく分かったため今はお風呂上りにスキンケアをするようにしています。

美白クリームもありますが、効果は分かりませんし高いので試していません。肌は乾燥からターンオーバーが乱れることは知っているので、いつも顔に使っているスキンケアで顔のお手入れをするついでに乳首にも保湿をしています。

摩擦刺激は肌が黒ずんでしまう原因なので、夜寝る時にも夜用のブラをつけて極力乳首がこすれないようにしています。

努力のかいあってか、一番黒ずんでいると感じた頃よりは乳輪も色が薄くなってきました。乳首はまだ黒ずんではいますが、何もしていないよりはマシなようにも感じます。

徐々に乳首の黒ずみが気になり始めた

現在29歳です。

若いときにはあまり気にならなかったのですが、20代も後半に差しかかったあたりから徐々に乳首の黒ずみが気になり始めました。

黒ずみといっても乳首や乳輪全体が黒いというわけではなく、主に乳首の先端が茶色よりの黒になってきてしまっているのです。

乳輪の端にむかってグラデーションのような状態になっているため、より先端の黒ずみが目立っているような気がします。

乳首の黒ずみで特に嫌だと思うのはやはり温泉など大浴場で汗を流すときですね。温泉や大浴場というのは混浴ではない限りは女性のみの空間であるため、バスタオルでしっかりガードするような人はまずいないでしょう。

逆にそこまでガードしていると注目されてしまうこともあるかもしれません。

そのため堂々と入っていくわけですが、人の裸を凝視するのはいかがなものかと思いつつ、つい目がいってしまうこともあるでしょう。

そのようなとき、あの人乳首が黒いななんて思われてしまったらとても辛いものがあります。もしかすると男性にそう思われるよりもきついなと感じるかもしれません。

もちろん男性相手へも少し嫌だと感じる部分があります。黒ずみの原因は様々なものがあるといわれているものの、男性の中には乳首の黒ずみと遊んでいる人がイコールで結びついてしまう方も少なくないという話を聞きます。

別に遊んでいないのに遊び人のレッテルを貼られてしまいかねないというのは気分がよくありませんし、百年の恋も冷めてしまうかもしれません。

そのような状態にならないためにも、最近ではちょっとしたケアを心がけています。まずブラジャーのサイズを見直すことですね。

乳首は擦れたりといった刺激によって黒ずんでしまうことがあるようですので、なるべくサイズのあったものを着用するように気をつけるようになりました。そして顔に使っているものと同じ化粧水を使い、保湿してあげます。

これらのケアをすることで黒ずみが劇的に薄くなることはありませんが、乳首や乳輪が潤ってきれいになっている印象はあります。

もう少しこのケアを続けつつ、新たな方法も探してみたいと思っています。

背中のブツブツ、背中ニキビの悩み|女性のカラダのコンプレックス